複数の仕事を抱えても効率よく終わらせる秘訣

複数の仕事を効率的にこなす方法の探求

マルチタスク・シンプルタスク

普通にやることはやっていたのに、いきなりタスクが急増し、「これ絶対すべては終わらないだろう」と絶望したことはありませんか?私はあります。というか今その状況です。
別に仕事を残しまくっていたわけではありません。ただマイペースに着々と仕事を終わらせていたのに、急にタスク急増宣言をされ、絶望しているだけなのです。どうにかなるだろうと思っていますが、それでも与えられたタスクの多さに軽く血の気は引いています。
振り返ってみれば大学受験もそうでした。
受験というのは時間との戦いです。短時間で、己に課したタスクをどれほど効率的にやるのかで勝敗は決まっているといってもよいでしょう。私はいつもどうすれば効率的に終わらせられるのか、四苦八苦しながら受験勉強をしていました。
このことからわかる通り、私たちはいついかなる時でも多くのタスクに追われていますし、そのような状況が当たり前であるのが現代社会です。
「ではタスクを少なくすればいいじゃないか」
言うのは簡単ですがやはりそうはいかない。夕飯の支度だってタスクだし遊びに行くことだってタスクです。そのため、タスクを少なくしようと考えたら、むしろ余計に増えてしまった、なんてことはいくらでも起こりうることです。
となると私たちが考えるべきはいかにして多くのタスクを効率的に終わらせるか、ということです。今回はそこのところを詳しく見ていきましょう。
もちろん私も一緒に勉強します。